シェアハウスとは

荒川や墨田区エリアなどが近いとされる鐘ヶ淵エリアですが、鐘ヶ淵エリアで最近注目を集める賃貸物件の借り方というのがあります。

その借り方というのが、シェアハウスという新しい賃貸の利用法です。

通常シェアハウスというと、一つの賃貸物件を二人もしくは複数人で分け合って生活することを想像するのではないかと思いますが、通常一つの賃貸物件の部屋を二人もしくは複数で分け合って生活するということは、ルームシェアといった風に呼ばれています。

ではシェアハウスというのは、一体どのような賃貸のわけああって利用する方法なのかというと、その物件を管理している不動産会社であるとか、大家などがもともとシェアハウスということで入居人を募集している物件のことを、シェアハウスと呼ぶのです。

またシェアハウスと聞くと、二人で分け合うといったイメージもあるかもしれませんが、最近のシェアハウスというのは、二人はもちろんのこと4人、5人さらに大人数と、たくさんの方で部屋をわけあいながら住める物件というのが、多数登場してきているのです。

もちろん見ず知らずの者同士が、複数が同じ部屋をわけあいながら住むというのは、ルールも守らなければいけませんし、いろいろとトラブルも出てくる可能性もあるでしょう。

そういったトラブルには、不動産会社も目を光らせており、あらかじめ不適切だと判断されたら、入居をさせてもらうことが出来ないという場合ももちろんあるのです。

■東京のシェアハウスはこちら:東京の女性一人暮らしにはシェアハウスではなくボーダーハウス|かぼちゃの馬車